名刺印刷の専門業者!

年賀状作成を頼もう~親しい人に感謝の意を現そう~

年賀状を買うなら

年賀状にはいろいろな種類があるので、どれが自分に合うのか知りたいのであれば下記を見ておくと良いでしょう。そうすることによって、迷うことなくハガキを購入することが可能です。

デザインの違い

無地

無地の年賀状であれば、スタンプを押したり、絵を描いたりすることができます。オリジナリティー溢れる年賀状にしたいのであれば、無地のハガキを購入すると良いでしょう。

デザイン付き

デザインが付いているものであれば、時間をかけることなく年賀状を期限内に送ることができるでしょう。最近では3Dを使用したものもあるので、喜んでもらえるかもしれません。

年賀状を出そう

初めて年賀状を書くという方は、何を書いていいか皆目見当がつかないと言えるでしょう。そういった方のためにアドバイスを掲載しているので、目を通しておくべきです。

12月中に手配しておこう<年賀状の正しい書き方>

PRINT

年賀状を出す時期

日本では昔から12月19日から12月27日までに年賀状ハガキを出すという風習があります。そうすると年賀状を送った相手が元旦に受け取ることができるというシステムとなっています。

年賀状に書くべき事

年賀状には「謹賀新年」や「ハッピーニューイヤー」などの文字を書くのが一般的です。賀詞を大きめに書いたら、少し3行ほどの労いの言葉などを加え、最後に西暦や年号、来年の干支を書くと良いでしょう。そして、メッセージには特に決まり事がなく、子供の成長や結婚報告などを記入することもできます。また、市販のハガキを買うこともできますし、印刷会社に依頼することで質のいい年賀状を作ることができるでしょう。

注文できるもの

業者では、年賀状の注文をすることもできますし、名刺作成や名刺印刷をすることが可能です。他にも、封筒印刷やポストカード制作をすることもできるので、用途に合わせて注文をすると良いでしょう。

不明点を全て解決

複数枚購入できますか?

年賀ハガキは1枚から注文することもできますし、まとめて注文することもできるようになっています。ですので、予め送る予定の人数を決めてから購入すると良いでしょう。

基本料金はいくらですか?

1枚から10枚のハガキを注文するとおよそ2000円ぐらいします。11枚から20枚の場合は2300円前後かかります。また、オプションを付けることで値上がりする場合もあるので、注意して購入すると良いでしょう。

オプションサービスは何がありますか?

オプションは宛名を印刷したり、あいさつ文を書きかえたりすることができます。他にも、投函代行をしてくれるので、自分でポストに入れずに送ることができるので、時間が無いという方にお勧めです。

[PR]
同人印刷所を利用
簡単に申し込みできちゃう

[PR]
年賀状への写真印刷は専門店に頼もう
対応価格を要チェック!

広告募集中